上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top

今回はロシア製カメラのLOMO(ロモ) LC-Aです。そのチープな作りと写りからトイカメラ扱いに成っていますが、自動露出付きの35mm判コンパクトカメラで発売は1983年と古く、1991年のソビエト崩壊から数年間生産してました。その後1995~2005年まで、一部機構の省略と簡素化されたウィーンバージョン(ファインダーのシャッターにロモボーイのイラスト入り)として再生産されました。2006年からは中国製として発売され、初期の物にはロシア製レンズが使われていましたが、2007年にはレンズも中国製に成りました。他にも色々な生産工程の変化や不良品の再生とかに部品が使われ複雑に成っています。


lomo_lca-01.jpg
僕の持っているLC-Aは、昨年デッドストックの新品をロシアから購入しましたが、長年どこかの倉庫か店の片隅に眠っていたのか、レンズ内に白いクモの巣のモヤモヤしたカビが少し生えていました。暫くはこのままで使っていたのですが、今と成っては貴重なロシア製レンズ(MINITAR1)なので掃除をしてみます。
※素人作業なので、この記事を参考に分解や改造等による全ての結果において責任は取れませんので必ず「自己責任」でお願いします。
lomo_lca-02.jpg
それにしても、美しいコーティングですね。。。


lomo_lca-03.jpg
レンズを分解するには、レンズ周りのカバーを固定している4ヶ所のネジを外します。


スポンサーサイト
2010.05.27 Thu l クラカメ l コメント (0) トラックバック (0) l top
digihari2-201005_01.jpg DIGITAL HARINEZUMI 2++



2010.05.10 Mon l トイデジ l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。