デジタルハリファンには、魅力的な?専用の速写ケース。本革製で、ヌメ革の薄いベージュ色と黒の二色があります。価格が8,925円と僕的にトイデジ用としては高価だと思うけど、速写ケースの宣伝広告を見ると・・・やっぱり欲しくなっちゃいます。
     


在庫の無いショッや品薄な所も多く、僕の場合はいつものように楽天市場で各ショップを検索して少しでもお得な所を探しました。

What Online Shopさんで送料無料だったので、ヌメ革のほうを買いました。ヌメ革は使っているうちに日光や油脂などでアンティークな色合いに変色する楽しみがあるので・・・


digihari_case-01.jpg
ヤマト便の袋タイプにプチプチに包まれて無造作に入っていました。せめて箱に入ってきて欲しかったです。。。


digihari_case-02.jpg     digihari_case-03.jpg
プチプチを剥すとビニール袋に入ったケースとストラップの取付け方法が書いてあるコピー紙が有ります。


2010.04.17 Sat l トイデジ 便利アイテム l コメント (0) トラックバック (0) l top
デジハリの電池はCR2とチョッと特殊な電池で場所によっては売っていない店舗も有ったりします。価格も単3/単4電池に比べて高価ですし。。。今の時代ECOが大事なので充電式が良いと思いますが、メーカーのパワーショベルのFAQに「(重要なお知らせ) 電池についてのご注意  充電式のCR2について、充電式CRは様々な機器での問題が指摘されていますのでおすすめはできません。」と書いてありますのでココから先の記事内容の参考については必ず自己責任でお願いします。
充電式のCR2については、日本ではあまり馴染みが無く店頭で見かける事が少ないと思います。製品自体、海外メーカーがほとんどだと思うので、製造メーカーによっては品質的に良し悪しのバラつきがあり、使用による様々な問題が発生する可能性も有るでしょう。なので、商品データの少ない分口コミ等で評判の良い物を自己責任で使う事にします。
cbfr006lb_cr2-01.jpg
評判の良い電池プロさんで販売しているデジタルカメラ充電池のCR2(CR-2)が品質的に安定し良いそうです。電池プロさんの商品説明に「バッテリーRCR2は弊社の充電器でしか充電できません。このバッテリーご注文の前に、商品CBFR006LB(バッテリーと充電器のセット)をご購入ください。」書いてありますので、商品のCBFR006LB(バッテリーと充電器のセット)2,247円(税込)+送料で買いました。

セット内容は・・・
充電器:(商品番号: DCP-JP.6261CBFR006LB)
電圧:100-240AC (Input), DC 3.7V/7.3V (Output)
純正品型番(部品品番):CR-2、 CR123A、 CR2、 DL123A
寸法:79.95 x 49.87 x 51.60 mm
質量:198.45g

充電池(2個1セット):(商品番号: DCP-JP.4579RCR2)
純正品型番(部品品番):CR-2、 CR2
充電池種類: リチウムイオン (Li-ion)
電圧:3.00V
容量:250mAh/0.8Wh
寸法:Φ15.20 x 27.10mm
質量:28.35g
商品種類:代替充電池



充電池のリチウムイオン (Li-ion)です。
cbfr006lb_cr2-02.jpg
電池ラベルには日本語の警告文もあります。


Panasonicのカメラ用リチウム電池 CR2と大きさを比べてみました。
cbfr006lb_cr2-03.jpg
Panasonic
寸法:Φ15.6×27mm
質量:約11g

電池プロ
寸法:Φ15.20 x 27.10mm
質量:28.35g
若干の寸法違いがありますが、カメラへの取付けには問題無かったです。


2010.04.15 Thu l トイデジ 便利アイテム l コメント (2) トラックバック (0) l top
一眼レフタイプのデジタルカメラ、“DiMAGE 7”の新モデル“DiMAGE 7i”を更に内蔵メモリ(SDRAM)を64MBに増やし、ほかに画質・スピードなど機能と使い勝手を向上させたハイエンドモデルが国内3,000台限定の価格188,000円で発売されました。
minolta_dimage-7hi-00.jpg     minolta_dimage-7hi-00a.jpg
この限定モデルは“DiMAGE 7i”のシルバー色から一転し、ブラックのレザートーン塗装を採用した“DiMAGE 7Hi”(ディマージュ セブンハイ)です。この頃のニコン・フジ・ミノルタなど各メーカーが採用していたソニー製のCCDに不具合が見つかり無償修理に追われた事は有名ですね。


ぼくの手持ちのデジカメも幾つかこの不具合が発生し無償修理してもらいましたが、何故かこの“DiMAGE 7Hi”だけは不具合が発生せず、他のデジカメを扱うことが多くそのまま収納ボックスに入れたままで月日が過ぎてしまいました。
minolta_dimage-7hi-01.jpg  minolta_dimage-7hi-02.jpg  minolta_dimage-7hi-04.jpg
ある日、久しぶりにメンテがてら“DiMAGE 7Hi”を取り出してた撮影を始めたところ・・・液晶モニターがモノクロに成り、電源のON/OFFを繰り返しているうちにモニター画面に映し出されている景色が赤と緑の絵の具を筆でグニャグニャ擦ったような物に成ってしまいました。試しにそのままシャッターを切ると上の写真が撮れました。これって例のCCDの不具合が遅ればせながらついに「ソニータイマー」が働きましたよ。


勿論、このCCDの不具合はメーカー無償修理なので安心していたのですが・・・ミノルタって既にコニカに吸収され、コニカミノルタに成り、しかもカメラ事業を終了してケンコートキナに提供されましたよね。しかもDiMAGE 5~7Hiはサポート外だし・・・今と成っては古デシだけど、このまま処分するには納得できずなんとか自分で修理するしかないですね。
minolta_dimage-7hi-05.jpg
っとは云ってもCCDだけ入手する事も可能ですが、可也高額で取引されているし・・・ここはCCD交換済みの中古かジャンクを手に入れて交換するのが手っ取り早いかと。気長にヤフオクやebayで探した結果、アメリカのebayでCCD交換済みの“7Hi”が「電池室液漏れの訳有り」で見つかりました。国内流通の多い“7i”でもCCDは同じなので代用しても問題ないのですがCCD以外の部品も保持用として欲しかったのであえて“7Hi”に拘りました。因みに送料含め約8千円で輸入しました。


さっそく“7Hi”を分解してCCDユニットを取り出しますが、改造行為の御約束↓↓↓

はじめに…この記事についての注意とお断り
○改造行為はメーカーの保障や修理は一切受けられません。(既にメーカー・サポート終了してますけど・・・)
○この記事を読んで起きた故障・破損・事故・怪我など全ての事柄に保障や責任は負えませんので、同意した上で自己責任と管理でお願いします。


CCDユニットを外すには、フラットケーブルをコネクターから外します。しかし、CCDユニットにはもう一箇所6ピンのコネクターが直にハンダ付けされ、これを取り外すには半田吸取り機かソルダーウイック(半田吸取り線)を使うしか有りませんが、今回は面倒なので6ピンコネクターから出ている配線に元の位置が判るように印を付けニッパーで切り離しちゃいます。
minolta_dimage-7hi-06.jpg     minolta_dimage-7hi-08.jpg
ぼくの“7Hi”と輸入品のCCDユニットです。輸入品のCCDユニットのアルミ放熱板に“7/5”の日付がマジックで記入され、きっと交換日でしょう。また、ハンダゴテを使っての交換作業の為か、CCD端子と基板部分のハンダ付け部にはフラックスの跡が多く残っていました。


2010.04.11 Sun l デジタルカメラ l コメント (0) トラックバック (0) l top
グリーンハウスの、てのひらサイズで一眼レフ風デザインのトイデジカメ「GH-TCAM30」が4月上旬に発売されました。静止画・動画が撮影できる30万画素のデジタルトイカメラで、最大160枚の画像を撮影可能。カラーバリエーションはブラック(GH-TCAM30K)とシルバー(GH-TCAM30S)です。
     gh-tcam30k-01.jpg
いつものように、楽天市場で本体価格と送料と在庫など検討して一番良いショップ 秋葉原モバイル でブラックカラー(GH-TCAM30K)を購入しました。ショップの対応もとても丁寧で気に入りました。僕的におススメ。。。


箱を開けてみると・・・
gh-tcam30k-02.jpg
こんなところにイラストが・・・遊び心がありますね。。。


さっそく一眼レフ風デザインのGH-TCAM30Kを見てみましょう。。。
gh-tcam30k-03.jpg     gh-tcam30k-04.jpg
このデザインのトイデジカメはクレーンゲームの景品によく似ていますね?と言うか中身は同じ物かも知れませんね!!! グリーンハウスから商品として発売されていますから、外観は景品と違って比較的綺麗な仕上がりと「GREEN」の印刷ロゴがチョッと高級感?があったりして・・・。

本体の仕様は・・・
撮像素子 : 1/9.4 インチ CMOSセンサー
有効画素数 : 30万画素
静止画サイズ : VGA(640×480)、QVGA(320×240)
静止画フォーマット : JPEG/BMP
静止画撮影枚数 : VGA(非圧縮)20枚、(圧縮)40枚、QVGA(非圧縮)80枚、(圧縮)160枚
動画サイズ : QVGA(320×240)、PCカメラ使用時VGA(640×480)
動画フォーマット : AVI(無圧縮)
フレームレート : 6fps、PCカメラ使用時14.99fps
焦点距離  : 1m~∞
フォーカス : 固定焦点
ホワイトバランス : 自動
セルフタイマー  : 10秒
インターフェース : 専用端子
電源 : 単4形乾電池×1
消費電力 : 0.26W
外形寸法 : W62×D31×H45(mm)
重量 : 約28g(本体のみ)
動作温度 : 0℃~40℃
動作湿度 : 0%~80%(結露なきこと)
付属品 : 専用USBケーブル(約75cm)、単4形乾電池、ドライバCD、取扱説明書、3ヶ月間保証書
対応OS : Windows 7 / Vista(SP1/32bit版) / XP(SP3/32bit版) / 2000(SP4)



このての外部メモリーが使えない内蔵メモリを搭載のトイデジカメは、お約束の電池が切れると撮影データも全て消えてしまうので、電池の消耗に気をつけなければいけません。
gh-tcam30k-05.jpg
このGH-TCAM30で最初に気にいらないところは電池蓋で、電池交換にはプラスのビスをいちいち緩めないと駄目。パーツ的に壊れやすい感じだし、出先での電池交換と成ったときはプラスドライバーを持っていないとダメ。。。ここは是非ともにスライド式とかに改良して欲しいですね。。。


2010.04.09 Fri l トイデジ l コメント (0) トラックバック (0) l top