上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
日本未発売のCCDインチ1/2.33搭載の10メガピクセル“Kodak EasyShare Z1015 IS” です。残念な事に日本のデジカメ市場からほぼ撤退してしまいましたが、コダック好きのぼくとしては輸入するしか有りません。そこまでして欲しいのかぁ~!っと言われても、あの独特の鮮やかで深い階調のコダカラー、コダックブルーとは違いますが、それに近い発色を表現してくれるとやっぱりハマッてしまいます。。。確かに日本の同価格帯のデジカメと比べちゃうと見劣りしてしまいますが、楽しく遊び目的のぼくにとっては、メーカーの特色を生かした個性的な方が良いです。。。
kodak_z1015is-00.jpg     kodak_z1015is-00a.jpg
・・・っと言うことで米国から輸入しちゃいました。。。


外見は一眼レフタイプのコンパクト・デジカメで、ブラックのレザートーン調に施され、持ち手部とレンズ鏡胴周りにラバー貼りで、滑り難くグリップ力が有ります。
kodak_z1015is-01.jpg
ラバーは良いのですが、ホコリが付き易いです。。。


3インチの液晶モニターと電子ビューファインダー(EVF)が有ります。日本未発売ですが、メニューの言語選択には日本語が有ります。手持ちの“Kodak EasyShare Z812 IS”などのシリーズと違って液晶モニター右側に立て並びに主要ボタンが配置され細かい設定はジョグボタンで操作するようになり、全体的に良くまとまり、片手でも充分使う事ができる感じです。
kodak_z1015is-04.jpg  kodak_z1015is-02.jpg  kodak_z1015is-03.jpg
手ぶれ補正は勿論、HD動画の撮影機能がついていて撮影中でも光学ズームが効くのはありがたいですね。。。


レンズは、“Schneider-KREUZNACH” シュナイダーとコダックの共同開発の非球面全ガラスレンズはF3.5~5.4(35mm換算で28~420mm)15倍光学と5倍のデジタルズーム搭載。
kodak_z1015is-09.jpg     kodak_z1015is-06.jpg
光学とデジタルを組み合わせれば合計ズーム範囲がナント75倍にも成ります。。。


スポンサーサイト
2009.02.17 Tue l デジタルカメラ l コメント (0) トラックバック (0) l top
1938年~1948年に販売された“Kodak 35”は、イーストマン・コダック社が初めて作った35mmカメラだそうです。アメリカらしいシンプルで合理的な無骨なデザインで、ユニークな跳ね上げ式のファインダーと両側のノブは画像の黒色の他に銀色も有り、黒いボディーはシボ模様のベークライト(合成樹脂)製で上下の金属製枠の銀色との2色バランスが意外と纏まってお洒落ですね。。。
KODAK_35-a01.jpg
チャージ機能が無いため、気を付けないと二重撮りなど何回でも重ね撮りできてしまいます。その為、一度シャッターを切る毎にシャッターの真下に有るストッパーを掛けないといけません。慣れないと忘れてしまいますね。。。


レンズは無コーティングの、Kodak Anastigmat 50mm f 5.6と…少し暗めです。。。
KODAK_35-a02.jpg
シャッタースピードは、T・B・25・50・100 とシンプル。


ベークライト(合成樹脂)の裏蓋は、金属底と一体式なので、カポッ!っと外してからフィルムを装てんします。
KODAK_35-a03.jpg
気に成ったのは、フィルム巻上げ部やギアなどが銀ピカでよろしくないと思うのですが…





2009.02.03 Tue l クラカメ l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。