上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
mc-dc02_d.jpg
 今日は日曜日で久しぶりに、コレクションボックス?(押入れ)の物色をしてみた。。。
ダンボール箱の奥に、ナント未開封の「Mixel Classic MC-DC02」というVGAデジタルカメラが2個見つかりました。。。あぁー…そういえば量販店で在庫処分で激安で買った物でした。


mc-dc02_a.jpg
 30万画素のCMOSで外観は、小学生の頃によく行ってた近所の文房具屋さんや街のおもちゃ屋さんの隅っこに置いてあった「~ごっこ」のアイテム的なカメラ。。。より可也マシですが、手に取ると懐かしくプラスチックの手触りと軽さがチープで好感がもてます。


mc-dc02_c.jpg
 このフィルム式カメラデザインのトイデジですが、機能的には凝っていて…
1.レンズリングを少し回して接写ができるマクロモード(0.15~0.3m)
2.10秒のセルフタイマー
3.内臓フラッシュ


mc-dc02_b.jpg
 その他の機能は他のトイデジにもよくあるもので、電池を抜くと撮影データが消える内臓メモリーのSDRAM・あてにならないファインダー・撮影画像の保存はパソコンで取込んでね・使った事が無い動画機能・Webカメラ機能など…。

スポンサーサイト
2008.11.30 Sun l トイデジ l コメント (0) トラックバック (0) l top
Genie3_04.jpg
 *** 一途と片想い *** 
              君への一途な想い
                           あなたに片想い
2008.11.29 Sat l トイデジ l コメント (0) トラックバック (0) l top

 フリマで発見したおもちゃデジカメで、○○○円で買っちゃいました。。。
ネットで詳細を調べようとしたのですが、楽天やヤフーとか販売でしか引っ掛かりませんでした。発売元は㈱Y.S.Nでカメラ性能:最大30万画素、C-MOSで類似品の多い仕様ですが、取敢えず遊んでみようと思います。


vx_01.jpg  vx_02.jpg
 レンズカバーがスライド式に成っていて、雰囲気はKenkoのDSC-536みたいです。がっ!残念ながらスライド電源ON/OFFでは無く、本体後ろのボタンで設定操作も含め行います。


toy-vx_01.jpg
 今日は雨が降っていて暗いけど窓越しから撮影しました。解像度選択は「HI」です。


toy-vx_02.jpg
 今度は室内の蛍光灯下でレンズから約16㎝の距離で撮影しました。
(被写体はちびっこチョロQで車体の長さ4cm、幅2.4cm、高さ2cm)

2008.11.26 Wed l トイデジ l コメント (0) トラックバック (0) l top
100yen-la01.jpg
 近所の100円ショップ「セリア」で単3乾電4本仕様のランタン。
勿論、電池は別売りだけどスイッチが「ハート」の形をしているなどナカナカ可愛いデザイン。
しかし、使い始めて3日…使用時間にすると約1時間で球切れになってしまった…はやッ!!!
豆電球を買い足すのでは面白みが無いので、省電力も兼ねてLED化にしてみる事にします。


100yen-la02.jpg
 ランタン本体から電球を外してみたら…ガラスが黒くなってました…。


100yen-la03.jpg
 電球にLEDを移植するので、ガラスを取省きます。
1.ガラスの細かい破片が飛び散り怪我などする危険が有る為、小さな厚手のビニール袋を2~3枚重ねてハンマー等で軽く叩き、ガラスを割ります。(作業には十分注意)
2.ガラスの破片が細かいので気を付けて内部を綺麗にします。細いラジペンなど使うと良いかも。(作業には十分注意)
3.半田ごてを使って底部分の半田を「半田吸取り線」を使い吸取ります。(貫通します)


100yen-la04.jpg
 LEDの(-)マイナス側リード線を通すので、ニッパーか鉄ヤスリで溝を作る。

2008.11.25 Tue l 電子工作など l コメント (0) トラックバック (0) l top
sensor505_a.jpg
 先日、プロキッチンさんから初回限定1万円で アグファフォト(AGFAPHOTO) sensor 505-D black を買いました。発売元は“exemode”で、503万画素のCMOSイメージセンサー搭載のトイデジ部類ですが、“Agfa(アグファ)”と言えばドイツの老舗ブランドでフィルムカメラなら知名度の有る“SENSOR”シリーズから採用された大きなオモチャみたいな朱色のレリーズボタンがこの“sensor 505”シリーズにも採用され“TOY”的色合いが増しましたね。


sensor505_aa.jpg
 発売時間と販売ページをこまめに再読み込み連打で(プロキッチンさんすみません)、狙っていた黒(AGFAPHOTO sensor 505-D)をゲットしました。もしかしたら1番だったりして…。
販売数が何個有ったか知りませんが、何でもこの505-Dは10分程で売り切れになったそうで…。


sensor 505-D_01 全体に赤被りが見られますね。さすが“AGFA


2008.11.23 Sun l トイデジ l コメント (0) トラックバック (0) l top
vc5050_04.jpg
 ゴミを捨てないで!
             寂びれた看板にも自然の力が…この一輪の花が、
                   なんだか哀しそうに訴えているように思えてなりません。
2008.11.23 Sun l トイデジ l コメント (0) トラックバック (0) l top
Genie3_03.jpg 僕についておいで!勢いよく、僕の側を駆け抜けるように…
2008.11.23 Sun l トイデジ l コメント (0) トラックバック (0) l top
 市販のリングライトは高額で買うのはチョッと…と思い自作してみる事にしました。
ネット検索すると結構、作っている方が居たのでなるべくオリジナルぽっく作ります。
しかし今回は、手持ちの raynox(レイノックス) DCR-250 接写 スーパーマクロレンズ 専用に作ります。

 また、リングライトの電源は経済的、入手し易いなど…単3型の乾電池仕様にします。


 一番悩んだのは、カメラ(レンズ)本体にどう取り付けるか!?やっぱり大事なカメラやレンズに傷など付けたくないので…そう考えながら材料費を安くと思い…100円ショップの「ダイソー」に直行。。。
色々と店内を物色していると…おっ!いい物を発見!!
gisaku_led-01.jpg EVAボードと言う製品で材質が、エチレン酢酸ビニル。
身近な物ではマウスパットの裏地とかに使っているクッション材ですね。白色が有れば良かったけど無くて、黄色や青色だと何となく反射した時に影響有るかもと思いグレー色にしました。


gisaku_led-02.jpg
 円切りカッターで好みの大きさに切り抜きます。


gisaku_led-03.jpg
 LEDの取り付け位置を均等に成るように印を付けます。

2008.11.22 Sat l デジカメ 便利アイテム l コメント (0) トラックバック (0) l top
exemode-dc552_a.jpg
 KFE JAPAN の EXEMODE DC552


exemode dc552_01
 割と普通に写った…。

2008.11.18 Tue l トイデジ l コメント (0) トラックバック (0) l top
kenko-dsc-536sv_a.jpg
 極端な緑かぶりの裏技で知られているのが、Kenko DSC517ですが、他のカメラでも其れなりの緑かぶりが使える物は結構有るようです。裏技…と言ってもシャッターを押す前にレンズを手などで覆って暗くし、手を素早く離してモニターを見ながら自序に露出を適正値に合わせていくので、好みの色合いでシャッターを切るだけです。このDSC536も露出を適正値に合わせるまで比較的ゆっくりなので裏技が使いやすく思います。


Kenko-DSC536_01.jpg Digital X process
 ここ2、3日とても良い天気です。久しぶりに小さな公園に行ってみた。。。(裏技使用)


2008.11.17 Mon l トイデジ l コメント (0) トラックバック (0) l top
100en_01.jpg
 散歩の帰りにぷらりと100円ショップ「セリア」に寄ってみた。
快適レンズ用品として「トゲヌキレンズ」で倍率が約7倍で、ちょっとした激安マクロレンズとして
使えそうだったので買ってみた。。。


100en_02.jpg
 画像がボケているけど…レンズとピンセットが合体している。


100en_03.jpg
カメラのレンズに密着させるので、ピンセットの白いプラスチック部分を壊すとレンズ周り(黒色)が外れる。


toyz+100en_04.jpg
 トイザらスで買ったデジタルカメラ 1.1インチモニタ 液晶プレビュー付きのレンズ部分に貼り付けて撮影してみた。。。

2008.11.15 Sat l トイデジ 便利アイテム l コメント (0) トラックバック (0) l top
Genie3_b.jpg
 先日 YオークションでBell and Howell社のGenie Ⅲ(ジーニースリー) 旧バージョンの訳あり新品で即決価格6,980円をまとめて3個出品している方がいて、思わず…ポチッとな!? 欲に駆られて2個も落札してしまいました。


Genie3_a.jpg
 説明文で「訳あり」の理由は「カバーをスライドさせた時にファインダーがきちんと出てきません。」と書いてありました。早速届き、分解してファインダー部分の擦れる所シリコングリスを薄く塗ってみると…快調に動作しました。


Genie3_01.jpg   Genie3_02.jpg
 撮影時は、晴天でしたが…まるでLOMO LC-AやHOLGAのトイカメラ風な写真が撮れ、ノスタルジックで好きな色合いだなぁ。。。 しかし、電池の減りが早いですね…。 試しにニッケル水素電池を使用したのですが、電源→シャッター→カウントはOKでしたが写した画像はSDカードにも保存されていませんでした。


2008.11.15 Sat l トイデジ l コメント (0) トラックバック (0) l top
dn-mcl20_c.jpg
 ワイドコンバージョンレンズ&マクロレンズがセットになった便利な 携帯電話用 ワイドマクロレンズ:Donyaダイレクト DN-MCL20Fuzu(フューズ) DC563 の組み合わせで撮影してみました。


dc563_04.jpg
 ノーマル撮影

dc563_04a.jpg
 ワイドレンズ使用、周りの歪みとボケが目立ちます。


dc563_05.jpg
 本体のマクロモード。。。障子越しの日差しだけなので暗めに成ってしまいました。

dc563_05a.jpg
 マクロレンズ使用。。。中央のボケた赤色はカメラ正面のランプが反射したものです。





2008.11.15 Sat l トイデジ l コメント (0) トラックバック (0) l top

 久しぶりに近くのトイザらスに行ってみた。
店内入り口付近には、クリスマス商品の陳列がされていました。
ふと…目に入ったのが黄緑色のデジタルカメラ 1.1インチモニタ 液晶プレビュー付きを発見!
液晶付きで2,990円は!!!思わずそのままレジに…あぁ…また衝動買いをしてしまった。。。


toyz_01.jpg
 なかなか綺麗な黄緑色ですね。


toyz_02.jpg
 1.1インチの液晶は、見づらいけど被写体の位置と接写時のピンと合わせ程度なら
何とか使えそうです。


toyz_001.jpg
 午後2時過ぎで天気は少し曇っています。。。いつもの散歩道でパシャッ!

toyz_002.jpg
 もう一枚。2枚とも選択解像度は300Kピクセル(640×480)VGAです。
内臓メモリーなので電池を外すとデータが消えてしまうのでその都度、付属ソフトを使って
パソコンに保存するのが少し面倒かな。




2008.11.15 Sat l トイデジ l コメント (0) トラックバック (0) l top
dn-mcl20_a.jpg
 ケンコーのマクロレンズも手軽で良かったのですが、何とワイドコンバージョンレンズ&マクロレンズがセットになった便利な 携帯電話用 ワイドマクロレンズ:Donyaダイレクト DN-MCL20 、本体は高級感のあるアルミ製で取り付けには磁石を使った付属専用アタッチメントを使用。このレンズを使えば最高で2cmまでのマクロ撮影もOK。


dn-mcl20_b.jpg
 一見ひとつにみえるレンズも、実はマクロ用レンズ+広角用レンズの2つのパーツでできています。

dc563_3.jpg
 さっそく Fuze DC563 に付けてみた。付属の磁石取付に使う金属製リングをDC563に合わせてみると、ピッタリはまり違和感ありません。


dn-mcl20_c.jpg
 ワイド時はセットで使用。

2008.11.15 Sat l トイデジ 便利アイテム l コメント (0) トラックバック (0) l top
mpl-px_a.jpg
 小さいものを撮るとマクロモードでも ピンボケしちゃうし、もっと寄りたい時になどに便利な、 ケンコー カメラ付き携帯電話用おもしろレンズ携帯ストラップ(寄って寄って撮れる/オレンジ)MPL-PX はトイデジのようにレンズの小さい物にピッタリです。脱着も特殊な粘着クッションなのでお手軽です。


mpl-px_b.jpg
 さっそく、Vivitar ViviCam 5050 にペタッと貼ってみた。レンズの中心を合わせるのがちょっと面倒かな、モニターを見ながら四隅にケラレが出ないように調整したほうがいいですね。


vc5050_10.jpg   vc5050_11.jpg   vc5050_12.jpg
 青空の下で撮影しました。。。
2008.11.15 Sat l トイデジ 便利アイテム l コメント (0) トラックバック (0) l top
vc5050_a.jpg
 ギズモショップ品薄状態のVivitar ViviCam 5050パールホワイト が、タイミング良く購入できました。 このVC5050は作品作りを追求できる多彩な機能を搭載していて、カラーモード、ホワイトバランス、彩度、露出補正、シャープネス、マクロモード、デジタル8倍ズーム機能のほか…何と言っても「ビビッドモード」が面白い!!今まで見たことない強烈な色彩を作り出してくれます。


vc5050_01.jpg
 さっそく散歩にで掛けてと…パシャ!!!
もちろん「ビビットモード」で。。。


vc5050_001.jpg
 家に帰って、お遊びでホットショップを使ってデジクロ(デジタルクロスプロセス)で加工してみたら。。。
更にビビット!!!


vc5050_02.jpg
 さらに庭先の花も…パシャ!!


vc5050_002.jpg
 デジクロ(デジタルクロスプロセス)で加工してみたら。。。更にビビット!!!


vc5050_03.jpg
 別の日だけど、午後3時過ぎの空を撮ってみた。


vc5050_003.jpg
 デジクロ(デジタルクロスプロセス)で加工してみたら。。。
更にビビット!!!




2008.11.14 Fri l トイデジ l コメント (0) トラックバック (0) l top
dc563_a.jpg
 この Fuzu(フューズ) DC563  は空の色が独特の鮮やかな?濃い?ブルーに成る強烈なトイデジです。


dc563_03.jpg
 よく晴れた日の空…と…雲…なんだか鳥の形に見える・・・かな。
小さい時から、よく空を見上げて色んな形の雲を…食べ物や動物や人の顔?空想上の生き物?などなど。。。想像が豊だったなぁ。。。


dc563_01.jpg
 天気も良かったので、会社の昼休みだけど・・・
散歩にでてみたらコスモスが綺麗だったよ。


dc563_02.jpg
 あらら・・・のんびりしていたら、休憩時間が無くなりそう。
いつもは車で通る道だけど、歩いてみると新たな発見があったりして楽しいね。

2008.11.14 Fri l トイデジ l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。