上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
防水・防塵性能を備えたデジカメと云えば確か2002年頃に購入した、カシオの防水/防塵/耐衝撃デジカメ“GV-10 G.BROS”です。
casio_gv-10-00.jpg
まるでGショックみたいな全体にラバーを纏ったボディーで有効123万画素と水深1mの静水中で30分放置(JIS防水保護等級6級耐水形および7級防浸形準拠)に耐える。当時は非常にタフなGショック・カメラでした。。。


それから数年、技術進歩の結果!今回新たに購入したのは500万画素の“PENTAX OptioWP”で携帯電話並みの小型ながら、水深1.5mと一般に「水中型」と呼ばれるタイプでJIS防水保護等級8級と可也の能力。以前の「水中型」といえば専用のハウジングを使って水中撮影を楽しんだそうですが、どうしてもカメラより一回り以上大きくなるので嵩張ってしまいます。
PENTAX_OptioWP-00.jpg
しかし“OptioWP”はこの大きさなので、プールや海などラフに使うことが出来るので、いつもと違ったベストショットが撮れそうですね。。。


ぼくが購入したのは、無難にマッドブラックで、少しザラッとした質感で滑りにく良い手触りですね。
PENTAX_OptioWP-01.jpg     PENTAX_OptioWP-02.jpg
丸いWPの文字が入ったクリヤーボタンみたいな物は、水中など撮影し難い環境下でもホールドし易いように直感的に中指の先に当たる感触を意識する事で、間違ってレンズを塞いでしまう失敗を軽減しています。


レンズ表面はプロテクターガラスによって防水性と防塵性を保持するには屈曲光学系を搭載する事によりズーミングによる伸縮をしなくて済んだが、レンズバリアが無いので、ゴミや指紋などの汚れが付き易いので注意が必要です。
PENTAX_OptioWP-03.jpg
焦点距離は6.3~18.9mm、F3.3~F4の光学3倍ズームレンズを搭載する(35mmフィルム換算:38~114mm相当)で、特に売りの一つであるマクロ機能は広角側で最短撮影距離約1cmで撮影が可能で高倍率な接写ができるのは凄いですね。


スポンサーサイト
2006.04.24 Mon l デジタルカメラ l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。