上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
6×6判のクロームシックスIの後継機、昭和26年(1951年)発売のオリンパスクロームシックスIIIAです。昔、親戚のおじさんから貰ったもので、その当時まだ子供だったので興味も無く、それから一度も使わず押し入れに仕舞い込んでいた物です。当然、レンズにもカビが生え…状態はあまり良くないけど、このまま廃棄するのも勿体ないので…今回も調子に乗ってマイクロフォーサーズ適用化しちゃいます。
OLD_OlympusSix-01.jpg     OLD_OlympusSix-02.jpg
最初のエクターレンズ“Kodak Ektar 44mm F3.5”や前回の“LOMO SMENA 8M T-43”をマイクロフォーサーズ適用化が思っていた以上に良かったのでね。。。


早速、取り外したレンズ“ Olympus Zuiko F.C. 1:3.5 F=7.5cm ”を分解してカビの除去をしたけど少し痕は残ってしまいました。
OLD_OlympusSix-03.jpg   OLD_OlympusSix-04.jpg   OLD_OlympusSix-05.jpg
機械部は不要なシャッター羽根を取り除きますが、絞りとピントダイヤルはそのまま利用するのでメンテナンス。


ジャンクボックスに丁度良いサイズのズームレンズが有ったので、分解し固定枠を利用する事にしました。
OLD_OlympusSix-06.jpg     OLD_OlympusSix-07.jpg
レンズを接着固定後、枠に100均で買ったレザー調の粘着シートを貼ってみました。


以前、海外通販でまとめ買いした接写アダプター とステップアップリングを使って組、大まかに無限遠調整をし、調整出来たら全て動かない様に接着しちゃいます。
OLD_SMENA8M-MFT-02.jpg   OLD_OlympusSix-08.jpg   OLD_OlympusSix-09.jpg
最後はデジカメのズームアップした液晶画面を見ながら無限遠を納得のいくまで微調整します。


スポンサーサイト
2016.11.16 Wed l デジタルカメラ l コメント (2) トラックバック (0) l top
旅行用に手軽でコンパクトなミラーレス一眼カメラが欲しく成り、販売価格も下がった事も有ってつい…マップカメラ楽天市場店で衝動買いしちゃいました。選んだのはエントリークラスでありながら、VCM式ボディ内5軸手ぶれ補正機構も搭載された、OLYMPUSの“OM-D E-M10 Mark II EZダブルズームキット ブラック”です。キット構成は、カメラボディーと同梱レンズ“M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6 EZ”と“M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F4.0-5.6 R”。キットのレンズにあまり興味は無いけど、有れば有ったで使う事も!なんて思ったので…。
     omd-01.jpg
どうせなら最初から必用そうなアクセサリーも購入。。。


一通り動作確認をして問題が無かったので先ず最初はコレ!液晶画面に傷が付く前に保護したいので反射が少ないARハードコートフィルムを採用した日本製の“Kenko 液晶保護フィルム 液晶プロテクター OLYMPUS OM-D EM-10 Mark II用 KLP-OEM10M2 ”を貼ります。
   omd-02.jpg   omd-03.jpg
専用品だけどイキナリ貼らず事前にフィルムを画面に当てて貼り位置を確認します。するとフィルムはガラス面より上下とも約1ミリ小さく、左右が約0.5ミリ小さく成っているので貼る本番は埃に気を付けながら行います。。。


他の一眼カメラでもそうですが、普段からメガネをかけているぼくは、標準のアイカップだと光が入り易いので大型アイカップに交換する事も多いです。今回も標準のアイカップだとファインダーに光が入る可能性が有りそうな為、マップカメラさんでも販売している、OLYMPUS OM-D E-M5 MarkII用の大型アイカップ“EP-16”に交換する事にしました。
omd-04.jpg      omd-05.jpg
大型に変える事によって縁の出っ張りが増えた分、若干取り回しに気を使いますが、メガネくんには良いアイテムだと思います。


動作確認の時は余っていたSDカードを使ったけど、どうせなら記録メディアも高速なモノに…
omd-06.jpg   omd-07.jpg   
選んだのは“SanDisk SDHC カード 32GB Extreme Pro UHS-I 超高速Class10 海外リテール品 (32GB, 95MB/s) ”勿論、購入したカードは本物ですが、海外リテール品だと某国製の偽物が多く出回っているので、購入ショップは慎重に選ぶ必要が有りますね。。。因みに購入ショップは、フラッシュメモリー専門店の風見鶏さん。


2016.10.11 Tue l デジタルカメラ l コメント (0) トラックバック (0) l top
前回のエクターレンズ“Kodak Ektar 44mm F3.5”のマイクロフォーサーズ適用化が思っていた以上に良かったので、調子に乗って次も色々と作ろうとベースに成る主要パーツを海外通販で接写アダプター や10個セット売りのステップアップリングを3種類とマクロリバースリングを安く入手しました。これらのベース素材と、その他手持ちの材料など使って上手く組み合わせれば1つ作るのに500円位で済みそうです。。。
OLD_SMENA8M-MFT-01.jpg   OLD_SMENA8M-MFT-02.jpg   OLD_SMENA8M-MFT-08.jpg
本当は綺麗に作るのに色々なサイズ用のレンズアダプターマウントを利用した方が良いかも知れないけど…ぼくの場合、何種類ものレンズを使って遊びたいのでベース素材だけに1つ何千円も掛けるのは勿体ないかなと…


…っという事で今回は秘密基地のジャンク箱から“MADE IN USSR”ことソビエト連邦時代の“LOMO SMENA 8M”が有ったので選んでみました。。。
OLD_SMENA8M-MFT-03.jpg
ボディは不具合が有って使えないけどレンズは全く問題ありません。スメナ8Mはプラスチックを多用したチープな造りのボディからもトイカメラ扱いされる事が多いけど、センターに“T-43 4/40”と記載された40mm、F4のトリプレット(3枚構成)レンズは名玉とも云われ、その写りはトリプレットの性質上中心はシャープだけど周辺部が流れる独特のボケや光量によって面白い表現をしてくれる事でも有名ですね。。。


早速、レンズを取り外してクリーニング…
OLD_SMENA8M-MFT-04.jpg   OLD_SMENA8M-MFT-09.jpg   OLD_SMENA8M-MFT-05.jpg
作業途中の写真を撮り忘れていましたので…いきなり完成画像。。。


今と成っては出番が少なく成ってしまったデジタルカメラ(OLYMPUS E-PL1S)に…
OLD_SMENA8M-MFT-06.jpg     OLD_SMENA8M-MFT-07.jpg
装着してみました。


2016.09.26 Mon l デジタルカメラ l コメント (0) トラックバック (0) l top
古~いフィルムカメラのジャンクをそのまま眠らせるのも勿体なく、そこで…一部の方々の間で行われているレンズだけを取り外して専用マウントや汎用パーツを使った自作マウントに付けてデジタル一眼レフやミラーレス機で楽しむ「改造レンズ」を、ぼくもチャレンジしてみようと思います。。。今回使用するオールドレンズはコダック社のシグネット35に搭載品で現在扱っていない物質でコーティングされた、屈折率の高いトリウムレンズ(放射線レンズ)です。その名玉といわれた3群4枚構成のエクターレンズ“Kodak Ektar 44mm F3.5”。その最高級レンズをデジタルカメラで活用できるのは、とても楽しみでワクワクしますね。。。 ※シグネット35は昔から好きで“過去の記事”に載せていますので宜しければご覧ください。
OLD_sig35-MFT-01.jpg     OLD_sig35-MFT-02.jpg
改造レンズに関しては初めてなので、たくさんの先行者さんのブログ等を参考にしちゃいました。。。早速、取り外したレンズを分解しシャッター羽根3枚を取り除きます。序に各レンズを綺麗にクリーニングします。また、絞りとピントダイヤルはそのまま利用するので機械部もメンテナンス。。。


マイクロフォーサーズのベースマウントは海外通販で購入した接写アダプター 52mm‐M4/3 と手持ちに有ったシルバー色のステップアップリング 43‐52mmを少し加工して使う事にしました。
OLD_sig35-MFT--03.jpg   OLD_sig35-MFT-04.jpg   OLD_sig35-MFT-05.jpg
シグネット35の風合いに合うようにステップアップリングの表面は耐水ペーパーで擦り、レトロ感を出してみました。


仮組したマウントにシグネット35のベースを載せてみると丁度良い感じに収まり完成後のメンテナンスも容易に出来そうです。
OLD_sig35-MFT-06.jpg   OLD_sig35-MFT-07.jpg   OLD_sig35-MFT-08.jpg
ベースとマウントのセンターを合わせたら印をリングにも付けておきます。次にホームセンター購入した“高機能弾性接着剤 セメダイン スーパーX”のブラックをリングとベースに塗って固定します。接着剤がある程度固まったらベースのネジ穴を利用してリングに穴を開けネジで共締めします。ココは敢えてネジで固定しなくても良いのですが、ネジ頭がチラっと見えるだけで更にメカっぽく成るかなと…。ココまで出来たらレンズを付けデジカメでピント合わせや、その他パーツの動作など不具合が無いか試しておきます。


ヘリコイドを弄っていて思い出しました。すっかりベアリング部分のメンテナンスを忘れていました。。。早速、バラシてみると内部のスチールボール(鋼球)が少ない…
OLD_sig35-MFT-09.jpg   OLD_sig35-MFT-10.jpg   OLD_sig35-MFT-11.jpg
急遽、日本製のスチールボール鋼球 3/32 を入手。300個入りだったので可なり余ってしまいました。。。


2016.08.22 Mon l デジタルカメラ l コメント (0) トラックバック (0) l top

ro20120125.jpg
関東では23日~24日に広い範囲で大雪に見舞われましたね。。。
25日の早朝、“Kodak EasyShare Z915”で、庭に咲く“蝋梅”を写してみました。


2012.01.30 Mon l デジタルカメラ l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。