上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
初代(1998年-2001年(平成10年-平成13年))日産自動車のプリメーラ(P11型)1800ccと2000ccをベース車に、光岡自動車がクラシック風に外装をカスタムしたリョーガ(Ryoga 、凌駕)。その後、先代より前後のデザインが大きく変更されよりクラシック風に成った2代目(2001年-2004年(平成13年-平成16年))は、日産自動車のサニー1500cc(B15型)と1800cc(QB15型)をベース車に変更されましたが、2002年(平成14年)には「平成12年排出ガス規制」に適合しない1800cc(QB15型)車が廃止された。また、2004年(平成16年)にはベース車のサニーが生産終了となり、リョーガの生産・販売は認定中古車も含め2011年(平成23年)7月頃まで続いたそうです。※資料:wikipedia
momo_steering-a.jpg   momo_steering-b.jpg   momo_steering-00.jpg
さて、我が家の光岡・リョーガは2代目のベース車、サニーでしかも排ガス規制に伴い僅か生産年から1年で廃止と成った生産数が極端に少ない希少な1800cc(QB15型)車です。リョーガ自体も見かける事が滅多に有りませんけど…まぁ他の光岡車も街中で走っているのは余り見かけませんが、強いて挙げるなら日産のマーチをベース車にした、ビュート(美遊人)でしょうか……

ぼくが光岡自動車に生産台数など問い合わせをした処…直ぐに親切で丁寧な回答を頂きました(ありがとうございましたm(_ _)m)。それによると、2003年(平成15年)時点のミツオカの生産台数はプリメーラ(P11型)ベースが640台ほど、サニー(B15型)ベースが400台ほどで、現在のところ中古車も合わせた総生産台数はリョーガとして1425台との事でした。。。勿論、現存する台数はかなり少なく成っていますよね。。。また、ぼくが住んでいる関東地方の○県の顧客データによると、リョーガとして55台ありその内、初代P11型が11台、2代目1500ccのFB15型が40台、1800ccのQB15型がぼくのと合わせて2台。その他ワゴンなどが4台だそうです。


古い車のネタに今更何?って事ですが、日産純正オプションの SRSエアバック付き“MOMO ウッド ステアリング”「メープル調」定価82,900円の品を格安で譲って頂いたので交換しちゃいます。。。色合いは「メープル調」の他に「マホガニー調」もあり、どちらもウッド部は高級感漂う美しい木目のプライヤー材を使用し、イタリアの熟練職人がハンドメイドで仕上げた逸品との事。~ん、確かに!手に馴染むグリップ形状ですね。。。
momo_steering-01.jpg   momo_steering-21.jpg   momo_steering-02.jpg
ステアリング交換作業の前に必ず!エアバッグが誤作動しない様にバッテリーのマイナス端子を外して約3~10分程度、放置します。次にステアリングコラムカバーの両側面にある蓋を外せば「特殊ボルト」が現れます。


この特殊ボルトを外すには“スターヘックスネジ用レンチ”の先端サイズ5.5mm 形状「T30」が必要ですね。。。
momo_steering-03.jpg   momo_steering-04.jpg   momo_steering-05.jpg
手持ちの工具にカインズホームのプライベートブランド(PB)ですが、スターヘックスネジ用レンチセットが有ったのでこの中の「T30」を使います…しかし先端サイズに若干の隙間が有って「ヤバイかな」っと思いつつグリグリと強行しちゃいました。。。結果、びくともせずボルトの先端は少しなめてしまいました。プロ専用工具じゃないとダメそうなので、このレンチを使ってのボルト取り外しは止めました。


そこで最後の頼みは、完全に角が潰れてしまったようなボルト/ナットにもガッチリと食いつき、簡単に取り外すことが出来る取り外し専用ソケットナットの“ナットツイスター”しかないのかな…因みにボルトヘッドの外径は9~9.5mmぐらいでした。。。ぼくには滅多に使う事も無い工具なので、今回初めて購入する事に成ります。もしかしたら1回だけの使用かも知れないので安モノでイイかなぁと思い少し探してみました。お得感なセット物ですが、ちゃんと焼き入れも施してあり耐久性&強度抜群な “差し込み角 : 3/8" 対応サイズ:10、11、12、13、14、15、16、17、19mm の9個セット+8mm Barの“ナットツイスターソケットセット潰れたボルト取り外しに N020 ”や、それよりも安い“差し込み角 : 3/8" 対応サイズ:9、10、11、12、13、14、15、16、17、19mm の10個セット“なめたナット一撃 ナットツイスター”しかもレビュー書きで送料無料。。。のどれかにするかと思ったのですが、万が一ソケットの精度が悪く失敗でもしたらドツボに嵌ってしまうのではないかと…
      
やはり慎重な作業で一か八か的な時には信頼できる高品質な工具が良いですよね。そこで選ぶのは、コーケン(Ko-ken/山下工研)の“ナットツイスター 9mm ( 3127-9 3/8"sq. )”か、“ナットツイスター 9.5mm ( 3127-9.5 3/8"sq. )”のどちらか…迷いましたが、工具のお店i-TOOLS(アイツール)さんで、9.5mmを選びました。理由は単に店舗で販売しているのを見た事が無いから…


スポンサーサイト
2015.07.10 Fri l マイカー(車) l コメント (14) トラックバック (0) l top
先日車検が済みましたがタイヤの状態が悪く交換する事にしました。
Astro_tire-01.jpg     Astro_tire-02.jpg
今まで履いているタイヤはブリジストンの“DUELER H/T687 235/60R16 100H”という高速走行(H/T(Highway Terrain))対応のトータルバランス重視だけどぼくにはよく分からない特徴でした。。。価格も1本あたり18,000円前後。今回は車検後とあって出来るだけ安くしたいと思い、近くのタイヤ専門店やネットショップなど色々と調べた結果…“AUTOWAY(オートウェイ) 楽天市場店”さんで安く気に成った候補が数点有りました。。。


先ず、巷の評判やオートウェイスタッフの性能結果など参考に価格重視で決めると、
Astro_tire-SX608.jpg     Astro_tire-XR611.jpg
1本 5,490円 (税込) 送料別で、ヨコハマタイヤの技術が入った台湾の大手タイヤメーカーNANKANG(ナンカン)のヨーロッパ向けブランドSONAR(ソナー)“SONAR SX608 235/60R16 100W”。SX608はコンピューターシュミレーションで設計されたトレッドパターンが走行音を抑え、縦溝がハイドロプレーニング現象を抑制、ウェットシーンでも快適なハンドリング操作を実現するそうです。。。勿論、NANKANG(ナンカン)名で“NANKANG XR611 235/60R16 100V”1本 6,190円 (税込) 送料別も有ったのですが、ぼく的にタイヤに入るロゴが“NANKANG”より“SONAR”の方が響きが良い感じがしたので…(^^;)


次に、何店舗かのタイヤ専門店でも高評価だったミシュランと過去に提携していた韓国の世界的大手タイヤメーカーNEXEN(ネクセン)の、
Astro_tire-CP672.jpg
NEXEN CP672 235/60R16 100H”CP672は、静粛性、快適性、デザイン性に優れたハイパフォーマンスコンフォートタイヤです。燃費性能、高速安定性、耐久性にも優れているそうです。価格は、1本 6,590円 (税込) 送料別。


同じく、NEXEN(ネクセン)の“NEXEN ROADIAN-HP”。此方は楽天評価にアストロオーナーが高い評価とレビューをしていますね。。。なので安心感は他のタイヤと比べ強いです…
Astro_tire-ROADIAN-HP.jpg
この“NEXEN ROADIAN-HP 235/60R16 100V”は、デザイン性、静粛性、快適性に優れた都市型SUV用オンロードタイヤで、ウェット性能、高速安定性、ブレーキング性能にも優れたハイパフォーマンスタイヤだそうです。価格は、1本 7,790円 (税込) 送料別。


2013.04.20 Sat l マイカー(車) l コメント (0) トラックバック (0) l top
ぼくのアストロは、三井物産のディーラー車で2000年式のスタークラフト・ブロアムです。
今年の夏は例年よりも猛暑でしたね。毎年お盆には高速道路を利用して片道約300kmを走り帰省します。走行距離は約7万キロを過ぎ、主要パーツも色々と交換してきましたが・・・とうとうオルタネーターが壊れてしまいました。。。猛暑の為、前後席のエアコンMAXと大渋滞、夜間の為ライト点灯などだいぶ負荷させてしまいました。自宅へ約50キロ手前での不動、レッカーを呼んでそのまま現地の整備工場へオルタ交換とバッテリー充電の修理をする羽目に成ってしまいました。
Astro_ATLASbx-08.jpg
オルタ交換の修理完了後、バッテリー充電されたけど以前の交換から2年経っているのが気になり念のため交換する事にしました。


予定外の修理費用が掛かった為、バッテリーは出来るだけ安くしかも信頼できるものを探してみました。

本当は、純正品の ACデルコ 78-6MF が良いのかも知れませんが、製品自体に信頼性が有れば他のメーカー製品を試してみるのも有りかと・・・


っと云う事で、いつもの様に楽天市場で検索した結果、幾つか互換品が見つかりました。。。
      
韓国最大級で世界でもトップクラスの生産規模を誇るATLASBX社OEMバッテリーが6,800円 (税込) 送料別と超激安なSUPER TB alphaline78-750 (74-72,78-550,78-600,78-6MF互換)で、“SUPER TB”は「全国トラック協会」「自動車整備商工組合」の指定ブランドでそうです。。。次に7,100円 (税込) 送料別 MAGMA(マグマ)バッテリー 78-630(78-600/78-6MF/78600 互換)。これも製造元はATLASBX社なのでOEMですね。。。3つ目は8,800円 (税込) 送料別(レビューで送料無料)PRIMAX(プリマックス)バッテリー。これも製造元はATLASBX社でOEMでした。。。


それなら・・・送料足しても価格的にそれ程差が無ければ、OEMである必要も無いので、ATLASBX社のATLAS(アトラス)バッテリーMF78DT-600 デュアルターミナル(ダブルターミナル)仕様 7,200円 (税込) 送料別を買ったほうが気分的にも良いかも・・・
     Astro_ATLASbx-01.jpg
早速、イーグルトレーディング楽天市場店さんで購入しました。。。


2011.08.26 Fri l マイカー(車) l コメント (0) トラックバック (0) l top
アメリカのネットショップでアストロ用のAFM Air Intake System を買ってみました。
Astro_AFM_INTAKE-00.jpg
ぼくのアストロは、三井物産のディーラー車で2000年式のスタークラフト・ブロアムです。
AFM Air Intake Systemの対応製品(1996 - 2005 Chevy Astro Van 4.3L)が、49$で米国内配送料とアメリカ→日本への国際配送料を合せて8千円チョッと。メーカーは違うけど日本国内で買うと2万台~が多いので時間と手間が掛かりましたが、円高のおかげでとても安く買う事ができました。


購入から手元に届くまで約20日位と結構待たされましたが、無事届きました。
Astro_AFM_INTAKE-01.jpg
まぁ…米本国で販売されている品物だから、日本と違って簡単な質素な梱包ですね。


肌寒い早朝5時から、エアーインテークシステムを取り付け始めました。。。
Astro_AFM_INTAKE-02.jpg
まずは純正のエアクリーナー一式を外さなくてはなりませんね。。。


取り外しは簡単ですが、取り外し時に吸気口に余計な塵などが入らないように注意。。。
Astro_AFM_INTAKE-03.jpg
エアクリーナー一式を取り外したところ。。。


付属の簡単な英文の取り付け説明書を見なくても、簡単にできました。。。

Astro_AFM_INTAKE-04.jpg
こんな感じに取付けました。
赤色のフィルターとアルミパイプが、アクセントとなってエンジンルームの印象がガラッと変わりました。。。
純正より理想的なり吸気効率の向上を期待しているので、燃費向上?パワーアップ?に少しでもつながればいいなぁと思います。。。



2010.12.01 Wed l マイカー(車) l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。