マイカーであまり遠出をしないので、カーナビは付けていません。必要な時は、iPhone6sに入れてあるカーナビアプリを使っています。ぼくにはそれで十分なんですが、チョット画面が小さ見難く感じてました。そこでいつもの様に海外通販サイトでイイモノはないかなと見ていると…有りました。決めたのは6インチディスプレイの“DOOGEE”の “X7 PRO”という中華android端末。“X5 PRO”や“X5 MAX Pro”なら国内でも購入し易いけど “X7 PRO”は今のところ殆ど見かけないですね。
doogee_x7pro-00.jpg   doogee_x7pro-01.jpg   doogee_x7pro-02.jpg
また中華製だとショップによってはあやしいマルウェア入りのアプリなど入れられているとか有るようなので、少しでも安心出来そうなDOOGEE ダイレクトで買う事にしました。また、なんかのセール期間だったらしく通常よりも結構安く US$87.99 で購入できちゃいました。


さすがメーカー直販!注文してから直ぐに発送されました。し・か・し・!送料無料の国際郵便を選んだ為、リチウムイオン電池を含んでいる事情によりオランダ経由となり到着まで20日位掛かりました。。。
doogee_x7pro-03.jpg   doogee_x7pro-04.jpg   doogee_x7pro-05.jpg
簡素な梱包での長旅でしたが、箱潰れも無く取り敢えず安心しました。


早速箱出し…
doogee_x7pro-06.jpg     doogee_x7pro-07.jpg
何年か前の中華製と違って印刷物一つとっても可なり品質が向上したなぁ~と感心しました。


アルミ製のバックパネル
doogee_x7pro-08.jpg   doogee_x7pro-09.jpg   doogee_x7pro-10.jpg
フラットな表面仕上げで筐体の歪さも無く、とても100ドル以下とは思えません。恐るべし!



2017.03.22 Wed l iPod & iPhone & 中華ガジェット l コメント (0) トラックバック (0) l top
半年前に海外通販で購入したタフネススマートフォン“Blackview BV5000”ですが、ぼくが使う環境にとっては十分に満足いくスマホです。ただ1つ気に成る点をあげるとしたら…毎回ではないけど起動するとホーム画面のアイコン位置が変わっている事が有るのです。自分の使い易いように並べているので位置が変わってしまうと使い難いし、気分的にも宜しく無い。
bv5000-12.jpg   BV5000-12_201701200943227b9.jpg   BV5000-24.jpg
ネットで原因を調べても良く分かりませんでしたが、ただ中にはOSに原因が…みたいな事も書いて有り…「そうなのかな」程度で諦めていた処、年始のタイミングでヨドバシカメラの福袋で“FREETEL REI (フリーテル 麗)”購入したもんだからBV5000の出番は更に少なく成ってしまいました。。。


しかし・・・そのまま放置では勿体ないので、暇つぶしがてら“Blackview”のフェイスブックフォーラムを見たところOSの6.0アップグレード情報が載っていたのでファームウェアのアップデートをする事にしました。もしかしたらアイコン位置の件も直るかも知れないしね。。。
BV5000-13_20170120094325cf3.jpg   BV5000-14.jpg   BV5000-15.jpg
早速、フォーラムから 6.0のROMと最新版の“SP Flash Tool”をダウンロードし、ツールなどの設定ができたらいよいよアップデート開始…すんなり完了。。。


次にWiFiのみ設定し、ソフトウェアのアップデート開始。。。
BV5000-16.jpg   BV5000-17.jpg   BV5000-18.jpg
1回目の更新が終わるとまたまたアップデートのご案内が…続けて更新。。。


結局、現段階では3回の更新に成りました。
BV5000-19.jpg   BV5000-20.jpg   BV5000-21.jpg
次に本体の初期設定とGoogle 日本語入力などのアプリを入れて取り敢えず完了。。。


2017.01.20 Fri l iPod & iPhone & 中華ガジェット l コメント (0) トラックバック (0) l top
海外通販サイトは種類が豊富で、面白い商品の発見があったりします。今回も何気にブルートゥース・スピーカーの商品を見ていると…何処かで見たようなデザインのモノがチラホラと有り、その中でもチョット気に成った“high quality A+ Bluetooth Speaker
with Logo Speakers Blutooth 3D Surround Subwoofer Stereo HIFI ~”
logo_speaker-01.jpg   logo_speaker-02.jpg   logo_speaker-03.jpg
販売画像の通り“BOSE”のロゴが無い、“BOSESoundLink Mini Bluetooth speaker”にそっくりのデザイン! Ⅱではないけど買ってみる事にしました。。。


10日程度で到着。梱包材を剥がすと…ナント!化粧箱にハッキリと“BOSE”のロゴが…。
logo_speaker-04.jpg     logo_speaker-05.jpg
箱の仕様を見ると…あれ? サイトの仕様表示と違うぞ。まぁ性能が低い方が正しいでしょうけど。。。
箱/Bluetooth V3.0+EDR,出力:5W×2,再生時間:5-8時間,SNR(信号対雑音比),80db,など…
サ/Bluetooth V2.1,出力:3W×2,再生時間:3.5-4時間,SNR(信号対雑音比),85db,など…


箱出し…うん、パッ!と見はイイかも…
logo_speaker-06.jpg   logo_speaker-07.jpg   logo_speaker-08.jpg
後ろ面には、各入力端子とMicro SDカードが入ります。付属品は、USB充電ケーブルとオーディオ・ケーブルだけで取説は有りません。


iPhoneやandroid端末の接続動作は問題ありません。
logo_speaker-09.jpg   logo_speaker-10.jpg   logo_speaker-11.jpg
音のほうは、Amazonなどで売っている中華製の安価なポータブルスピーカー類と同等かと思います。部屋で聞き流す程度なら十分じゃないでしょうか…



  


2016.12.19 Mon l iPod & iPhone & 中華ガジェット l コメント (0) トラックバック (0) l top
欧米など諸外国で知名度の高い中国メーカー“ Blackview ” 2015年発売のDual SIMフリーでタフネススマートフォン“Blackview BV5000”です。主な特徴としては、IP67の防水性や防塵・耐衝撃性を備え、過酷な環境下でも使用できるという丈夫なスマホです。またバッテリーは5000mAhと大容量で、OGTにも対応しているため他のスマートフォンやUSB機器に給電する事もできるそうです。。。少し前に新型の“BV6000”が発売されたため、“BV5000”が少し値下がりしたのと他に見かけない迷彩カラーが気に入ったので、海外のネットショッピングで購入する事にしました。現時点では“Amazon”に海外からの発送に成りますが在庫が少し有る様です。
bv5000-a.jpg   bv5000-b.jpg   bv5000-00.jpg
スペックです。

Brand: Blackview
Type: 4G Smartphone
OS: Android 5.1
Service Provide: Unlocked
Languages: Indonesian, Malay, Bosnian, Catalan, Czech, Danish, German, Estonian, English, Spanish, Filipino, French, Croatian, Zulu, Italian, Swahili, Latvian, Lithuanian, Hungarian, Dutch, Norwegian, Polish, Portuguese, Romanian, Rumantsch, Slovak, Slovenian, Finnish, Swedish, Vietnamese, Greek, Turkish, Bulgarian, Russian, Serb, Ukrainian, Armenian, Hebrew, Urdu, Arabic, Persian, Amharic, Hindi, Bengali, Thai, Japanese, Burmese, Simplified Chinese, Traditional Chinese
SIM Card Slot: Dual SIM,Dual Standby
SIM Card Type: One is Standard SIM Card,the other is Micro SIM Card

CPU: MTK6735 64bit
Cores: 1GHz,Quad Core
GPU: Mali-T720
RAM: 2GB RAM
ROM: 16GB
External Memory: TF card up to 32GB (not included)

Wireless Connectivity: 3G,4G,A-GPS,Bluetooth 4.0,GPS,GSM,WiFi
WIFI: 802.11b/g/n wireless internet
Network type: GSM+WCDMA+FDD-LTE
3G: WCDMA 900/2100MHz
2G: GSM 850/900/1800/1900MHz
4G: FDD-LTE 800/900/1800/2100/2600MHz

Screen type: Capacitive,IPS
Screen size: 5.0 inch
Screen resolution: 1280 x 720 (HD 720)

Camera type: Dual cameras (one front one back)
Back-camera: 8.0MP (Interpolation to 12.0MP)
Back camera: with flash light and AF
Front camera: 2.0MP (Interpolation to 5.0MP)
Video recording: Yes
Flashlight: Yes

Picture format: BMP,GIF,JPEG,PNG
Music format: AAC,AMR,MP3,WAV
Video format: 3GP,H.263,H.264,MP4
Live wallpaper support: Yes

I/O Interface: 1 x Micro SIM Card Slot,1 x Standard SIM Card Slot,3.5mm Audio Out Port,Micophone,Micro USB Slot,Speaker,TF/Micro SD Card Slot
IP rating: IP67
Waterproof: Yes
Dustproof: Yes
Bluetooth version: V4.0
Sensor: Ambient Light Sensor,Gravity Sensor,Proximity Sensor
FM radio: Yes
Sound Recorder: Yes
Additional Features: 3G,4G,Alarm,Bluetooth,Browser,Calendar,FM,GPS,Gravity Sensing,Light Sensing,MMS,MP3,MP4,People,Proximity Sensing,Sound Recorder,WAP,Wi-Fi

Battery Capacity (mAh): 5000mAh (Rated capacity 4700mAh)
Battery Type: Non-removable

Product size: 15.07 x 7.81 x 1.20 cm
Product weight:170g


主に野外活動用として使うため予備にもう1台、計2台を購入しました。カラーは2台とも迷彩色!“EMS”を使ったので、発送連絡から届くまでに一週間掛かりませんでした。
bv5000-01.jpg   bv5000-02.jpg   bv5000-12.jpg
Amazonの購入者レビューに本体のプラスチック(ネジ周り)部分がヒビ割れしているとかの不具合が目立っていたけど、ぼくの処に届いた2台はヒビ割れやその他不具合も無く安心しました。。。


5インチのIPS液晶ディスプレイなので色合いも良く画質が綺麗でとても見やすいですね。また初めから液晶保護シートがまぁまぁ綺麗に貼られていますが、“iPhone 6”の曲面ディスプレイと同じ端がカーブしているので若干浮き気味です。
bv5000-03.jpg   
まぁ…“YouTube”の公式動画の通り頑丈であれば、液晶保護シートなんて要らないかもね。。。でも…心配なので取り敢えず着けたままにします~


ショップさんの親切で、設定は初めから「日本語」に成っていました。
bv5000-13.jpg   bv5000-04.jpg   bv5000-05.jpg
防水・防塵・耐衝撃なので本体は少し重いけど、動作はサクサクと快適で、 5000mAh近い大容量でバッテリーの保ちも結構、良いです。ただカメラの動作は少しモタツキ感が有りましたが全体的に見れば満足です。


2016.07.01 Fri l iPod & iPhone & 中華ガジェット l コメント (0) トラックバック (0) l top
前回の記事にも載せましたが、自分が遊ぶのに購入した“Android Smart Watch Phone X01”を弄っていると、子供達も興味が有るのか欲しいと…でも子供に遊ばせられるモノでもないので、トイザらスに行って来ました。目的はタカラトミーから昨年発売された“プレイウォッチ(PlayWatch)”のディスプレイ機を実際に触る事…。
Kidizoom_Smartwatch-00.jpg      
“PlayWatch”は台に固定されていたので手に持って操作する事が出来なかったけど、ボイスチェンジャーなんかは子供達の反応も良好で楽しんでいました。でも!買いませんよ!実は事前にPlayWatchのオリジナル、“Vtech KIDIZOOM SmartWatch”の事も調べていたので…。


ネットショップで買ったのはオリジナル、“Vtech KIDIZOOM SmartWatch”です。。。“Vtech KIDIZOOM”は英語仕様ですが、イラスト表示で十分理解できるので使用には殆ど問題ないかと思います。
   Kidizoom_Smartwatch-01.jpg   
実際に5歳と7歳の子供に渡した処…普通に遊んでいましたから。。。


タカラトミーの“PlayWatch”と“KIDIZOOM”の“SmartWatch”も本体アプリの内容は殆ど同じみたいですね。
Kidizoom_Smartwatch-02.jpg     Kidizoom_Smartwatch-03.jpg
主な違いといえばアプリの日本語表示と国内メーカーのサポートかと思います。国内でのメーカーサポートは難しいかも知れませんが一応、“KIDIZOOM”の取扱説明書に意外でしたが日本語表記も有りました。。。


…で、ワザワザ“KIDIZOOM”の“SmartWatch”にしたかと云うと、取扱説明書にも書いて有りますが、“Vtech”にアカウント登録するとソフトをダウンロードして“SmartWatch”に追加できるのです。因みに現在のところ、タカラトミーではこのようなサービスは無く、Vtechで“PlayWatch”の対応は不可のようです。
Kidizoom_Smartwatch-04.jpg   Kidizoom_Smartwatch-05.jpg   Kidizoom_Smartwatch-06.jpg
早速、追加アプリを入れる為、“Vtech”のダウンロードサイトから“KIDIZOOM SmartWatch”を選び(PC/MAC)のどちらか必要なほうのアプリケーションソフトをダウンロードします。


2016.06.06 Mon l iPod & iPhone & 中華ガジェット l コメント (0) トラックバック (0) l top