上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
※記事についての注意とお断り。
対象物は、個人の所有物で紹介しています。 この記事を読んで起きたトラブルや事故など
全ての事柄に保障や責任は負えませんので、同意した上で自己責任と管理でお願いします。



ぼくの記憶では、数年前からネット通販やオークションで販売されていた“Abercrombie & Fitch”通称アバクロに名称からロゴをはじめ、デザインなど“American Eagle Outfitters”(AEO)も取り入れたような雰囲気のブランド? 謎の“American & Fitch”アメリカン&フィッチ… そのよく似た雰囲気からアバクロと間違えて購入した消費者が結構いるそうです。でも、販売している商品説明の注意事項には「こちらの商品はアバクロではございません.」とハッキリ記載されているので偽物(コピー品)を販売している事には成りませんね。パクリ(バッタ物)かも知れませんが・・・ しかし最近はアメリカン&フィッチの見かける種類も数も少なくなりましたね。。。 ネット検索でも“American & Fitch”についての情報も少なくレビューなんて見つけられなかったし・・・。そりゃこんな物にお金を使うのは勿体ないのですが、物欲が刺激して無くなる?前にと自分に言い聞かせ…一着ゲットしちゃいました。。。
AmericanFitch_00a.jpg
購入はヤフーオークションで開始価格2,990円で即決価格9,800円ですが、2,990円以上で買うつもりはないですよ。当然というか他に入札者も居ないので呆気なく落札しちゃいました。。。取引窓口は日本に在るそうですが、発送元は勿論!中国からです。


AmericanFitch_01.jpg
送料全国一律1500円と落札金額を振り込んでから3日で届きました。


恐る恐る?・・・開封してみると・・・
AmericanFitch_02.jpg
綺麗にたたまれてビニール袋に入っていました。 がっ…ビニールからジャケットを出してみると、鼻につくキツイ科学薬品のような臭いがしました。大丈夫かなぁ。。。


それでは“American & Fitch”を視てみましょう。。。
AmericanFitch_03.jpg     AmericanFitch_04.jpg
ジャケット内側のタグ類ですが、パッと見!えっ!?アバクロ…と間違えるくらい、ロゴやタグ類の配置などよく似ていますね。。。これでは、早とちりでアバクロと間違えて買う人がいてもおかしくないですよ。


スポンサーサイト
2011.02.05 Sat l ミリタリー系 ジャケット l コメント (0) トラックバック (0) l top
hco-b.jpg
楽天市場のポイントが結構貯まったので、何か欲しいなぁ、と見ていると…目に飛び込んだのが山和-select shop-さんで販売されている新作入荷!!定価22800円→当店通常12800円→SALE 3980円!!春先に丁度いい、3color限定販売!HCO1922◆M-65ミリタリージャケット◆OCEAN FADED◆Military jacketです。HCO1922ってHollister(ホリスター)の事ですよね。。。Abercrombie & Fitchが設立した低価格帯のセカンドラインで、若者層に人気のあるアメリカのアパレルブランド。。。それが3,980円!?
念の為、よぉ~くページ内を見てみると画像の1枚にやっぱり"HOLLISTER HCO 1922 "と書いてありました。。。
hco-a.jpg
あのAbercrombie & Fitchの姉妹ブランドのホリスターのジャケットが3,980円は安いでしょう。。。
取敢えず買っちゃいました。。。


hco-01.jpg
色はカーキ・迷彩・ライトカーキの3色有り、カーキ色にしてサイズをMにしました。2日ほどで届き早速見てみましょう。。。第一印象としてダメージ加工は基本的に角、当たり部分で意外と丁寧に処理されています。色加工(変色)は無くウォッシュ加工も差ほど無いです。価格が安いので仕方ないですが縫製は可なり雑です。。。


hco-02.jpg   hco-03.jpg
内側にタグが2箇所に縫われています。。。


2009.01.30 Fri l ミリタリー系 ジャケット l コメント (0) トラックバック (0) l top
モデル歴史は古く、第二次世界大戦から朝鮮戦争にかけて使用されてきた。M-41、M-43、M-50、M-51フィールドジャケットの後継モデルとして開発され1965年に正式採用されM-65フィールドジャケット(M-65 Field Jacket)と呼ばれました。 1990年代の後期に軍への納入を最後としてデザートパターンで終了しましたが、この幾度の改良を重ね洗練さされたモデルは民間向けとして現在も多数のメーカーから販売され、独自の素材、デザインを取り入れながら多様に作られています。また映画やメディアの場でも愛用される程、素晴らしいジャケットです。
71m65-01.jpg   71m65-06.jpg
今回紹介するのは、軍払い下げ品で1971年製のデットストック品です。


71m65-02.jpg
正式名称:COAT, COLD WEATHER, MAN'S, FIELD
製造メーカー:JOHN OWENBEY COMPANY, INC.
コントラクト:DSA 100-71-C-0181
サイズ:SMALL-SHORT


71m65-03.jpg   71m65-04.jpg
1971年頃までの初期納入分は、ファスナーにアルミが使用されてきましたが、アルミの特性として柔らかく耐久性や酸化等による開閉の不具合など問題が発生した為、中期以降は殆んどのモデルが真鍮製に変更されています。また 1985年頃からの一部のモデルには軽量なプラスティック製の物が採用されています。


71m65-05.jpg
ファスナーの製造会社は、初期のものではCONMAR・TALON・中後期では、 YKK・SCOVILL・他いくつかのメーカーが使われ、後期のプラスティック製ファスナーではYKK製のビーデューティー用 VISLON が採用されました。


2005.11.18 Fri l ミリタリー系 ジャケット l コメント (6) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。